SSブログ
前の3件 | -

マスキング [DIYマイホーム]

コンクリート基礎の補修作業が終了したので、下塗り塗装に備えて、養生作業を行います。

< 基礎接地部分の洗浄 >

コンクリート基礎と地面の接地部分に生える雑草rを刈り取り、接地部分の砕石を掘り下げて洗浄する。

RIMG7223.JPG

塗装の邪魔になる接地部分の砕石を取り除き

RIMG7225.JPG

スプレーガンで泥や誇りを洗い流して、塗装前の洗浄を行う。


< マスキング >

コンクリート基礎の下塗り塗料(パーフェクトフィラー)を塗る前に、塗り分け部分にマスキングテープをはり、非塗装部分をマスカーで覆って養生する。

RIMG7219.JPG

岸本ガラスの社長から頂いたコーキング用具(ナイフ)
張り終わったマスキングテープを綺麗に切るのにとても便利

RIMG7220.JPG

RIMG7217.JPG

RIMG7216.JPG

RIMG7228.JPG

RIMG7221.JPG

RIMG7230.JPG

マスキングテープに薄いポリエチレンシートを畳んで取り付けてあるマスカーは、塗料を付着させたくないものをラッピングするのに非常に使い勝手が良い。

百均のマスカーは使えます。  

接着力がもう少し強いと申し分ないのですが、とにかく安いので 大面積でもたっぷりと惜しげなく使うことができます。

nice!(15)  コメント(2) 

粉塵吸引式オービタルサンダーのマジックパッド交換 [DIYマイホーム]

 < コンクリート壁面のハイモルパテを研磨する >


51oBBuNMF3L._AC_SL1000_.jpg
VRS125C

未使用のまま仕舞い込んであった粉塵吸引式オービタルサンダーを使用してコンクリート壁面のハイモルパテを順調に研磨していきます。

ところが、柱の角を仕上げる段階で、マッジク接着のサンドディスクが外れて飛んでしまった。

付け直して作業再開するがまたすぐに外れて作業にならない。


よく見ると本体側のパッドがマジック(オス)に加工されているのに対し、接着するサンディングディスクの裏側がフェルトのような不撚布状になっていて、ループ(メス)状になっていない!

特にグリッド番号の小さな粗面サンディングディスクをつけて、モルタル粗面などを強圧着研磨する場合には負荷が大きいのでディスクの裏側の引っかかり部分の繊維がむしりとられてしまうようです。

本体側のマジックパッド(オス)をみると、千切れた繊維で埋まってしまっているので、ワイヤーブラシで取らなければ、新しいディスクも密着しない。

低価格サンディングディスクは全て、これが標準仕様になっているのだろうか
レビューに苦情がないのが不思議なくらいです。

サンディングディスクはもともと消耗品だから、最安ディスクを次々交換して使うの有りと割り切って格安品を購入したものの、圧力をかけて研磨中に、サンディングディスクが度々ちぎれ飛んでしまうと、その度に、コンクリート壁に直接押し付けられた本体側のパッドのマジック(オスフック)があっという間に研磨されてしまうのではとてもじゃないがかなわない。

痛んだ本体側のパッド(オス)を交換したくても、本体のVRS125C自体はすでに流通していない。


< 吸塵式オービタルサンダーVRS125Cの互換パッド >

しかし、探し回ってそれと互換性のあるMRS-1250交換パッド(MONOTARO)を見つけた。

しかも価格は699円と格安で、レビューも高評価

これも、何時まで供給が続くかわからないので、VRS125Cランダムサンダー延命のため多めに発注することにします。


71UBNql9PTL._AC_SL1500_.jpg

サンディングディスについては、もう少し奮発するとフック&ループ と謳っている商品があったので、少量発注して保持力を比較してみようと思います。
結果良好であれば在庫しておくつもり。

51TQNQGo4NL.__AC_SX300_SY300_QL70_ML2_.jpg
そんな折、サンディングディスクを使用できる円形研磨ハンドルを見付けた。

これを使い、接着力を失ったサンディングディスクや買い込んでしまったループ機能の貧弱な不良サンディングディスクを有効に使い切ろうとおもいます。


水研ぎ耐水ペーパー考

粉塵吸引式オービタルサンダー用の、耐水サンディングディスクのレビューを見ると耐水性もループ機能も貧弱なものが大半で役に立ちそうもない。

しかし、考えてみたら、水研ぎに粉塵吸引機能は不要だから、無理に粉塵吸引式オービタルサンダーで水研ぎする必要はない。

幸い以前、近くのホームセンターの閉店セール時に購入してあったペーパー式の角型仕上げサンダー(クリップ式)があるので、水研ぎ仕上げが必要な作業にはそれに耐水ペーパーをセットしてを使うことにします。

RIMG7253.JPG


数日後、例のビニールの封筒に入った中国郵便でループ式サンディングディスクが到着

ちょっと薄汚れが付いていて、品質が心配になって急いでマジック面をべると

RIMG7199.JPG

バッチリ、ループが埋め込まれていて一安心です!

まもなく、VRS125Cの互換サンディングパッドも到着

RIMG7202.JPG

これだけ、ストックあれば、ループ式サンディングディスクを併用することでVRS125Cをこれから長期間使い続けることができそうです。


やれやれ、使い慣れないものを使い始めると、落ち着くところに落ち行くまでは、、いろいろあるもんですね



(info)
パッド交換
http://tsukuru-hito.com/e9421478.html

MRS-1250交換パッド(MONOTARO)
https://www.monotaro.com/g/00266465/?displayId=4

JSK マーキングゲイジ
https://www.youtube.com/watch?v=UcVpItyocms





nice!(16)  コメント(6) 

今年のバッファロー 生育状況 [ブドウ作りを楽しむ]

今年、裏山の山葡萄は、春先に花穂満開となり豊作を期待したのですが、その後、すべて落花して結実は皆無

路地の黒ブドウのキャンベルは、春先からツタ全体に生気がなく、新芽の発芽も少なく病気がちで、ほんの僅かな結実しか得られていません。
凍害で根が傷んでしまっているのか、落葉がすでに始まりすっかり弱りきっているように見えます。
心配です。

唯一、アーバー内のバッファローはことしも多くの結実を見ました。

素人の欲張りで、適花、適粒をしないので、果粒は年々小さくなっているように見えます。

RIMG7184.JPG
RIMG7181.JPG
日当たりの良い軒先は、房が密集して、憧れのトルファンの雰囲気です。

RIMG7191.JPG
RIMG7210.JPG

場所によっては、早くも色付き始めた房が増えてきました。

RIMG7182.JPGRIMG7189.JPG


色付き具合を毎日見て楽しみたいところですが、これから鳥害も増えてきそうなので、大半の房には紙袋をかけました。

RIMG7213.JPG

房の生育具合を観察したり、鳥や獣の給餌のために紙袋を掛けないものを残しておきます。

食害がそれらに限定して欲しいという願を込めて


もうひとつ
地上から2Fベランダの手すりに誘引した、山幸、バッファロー、キャンベルがそれぞれようやく実をつけるようになりました。

RIMG7239.JPG

長時間の日照が得られる、我が家で最良の場所なので来年以降の展開が楽しみです。



nice!(22)  コメント(10) 
前の3件 | -