SSブログ
前の3件 | -

洗面所混合水栓を補修する [DIYマイホーム]

 昨年の暮れに、離れの水道の凍結事故を起こし、故障箇所を少しずつ修理して先週ようやく完了しました。

 今日、修理道具を回収するため、離れの洗面所に入ったら、足元がぐちゃぐちゃに濡れている。

 RIMG0597.JPG

 最初は、S字トラップの締め付けが緩かったせいと思い、締め直してみたけど、漏水は止まらない。

 RIMG0596.JPG 
 よくみると水洗金具の下からジワジワット染み出している。

 RIMG0602.JPG

 漏水の大部分は洗面ボールの中に落ちているのだが
 なぜか立水栓の取り付けねじがカウンターを貫通している穴部分からも給水管を伝って床に滴っているのだ。

 漏水箇所を突き止めるために、水栓金具のパッキングやカートリッジまわりを確かめたい。

 RIMG0598.JPG

 水栓金具のレバーハンドルの下に隠れている小さなネジを緩めるとハンドルが外れ

 RIMG0601.JPG

 内臓カートリッジを取り出すことができる。

 しかし、期待に反し、交換できるようなパッキングはどこにも付いていなし、カートリッジもどこが痛んでいるのか分らない。

 漏水の懸念あるカートリッジごと交換したいが、旧式ですでに廃盤、部品の流通がない。
 もし仮にあったところで、新品の水洗金具より少し安いだけ。

 ならば、水栓金具ごと新しいものにしたいが、この小さな洗面ボールに合う、小さいサイズの混合水栓金具は売られていない。

 残された方法は、水栓金具と洗面台の結合部分をパッキングで防水して、カートリッジからの漏水は床に落とさず、すべて洗面ボール内に流れ込ませるようにするしかない。

 RIMG0603.JPG

 立水栓の取り付けナットを外し、混合水栓を抜いて調査する。

 RIMG0641.JPG

 水洗金具の鋳造本体にはダメージがないことを確認できたので
 立水栓の取り付けナットん周りの古いパッキング、ワッシャー、ナットを新しくして対策します。

 部材を発注して、到着を待つ
  
 RIMG0644.JPG 
 必要部材が揃ったので、作業再開
 
 RIMG0645.JPG

 購入した立水栓レンチのナット幅が合わなかったので、バイスに咥えさせて鑢で削ってピッタリ調整する。
 (23mm、24mm、38mmの3種の大きさのナットを回せるようになっています)

 RIMG0643.JPG

 止めねじの根元とポップアップドレイン操作ロッドの根元に新パッキングを挿入する。

RIMG0649.JPG

 混合栓をパッキングの上に乗せた状態で取り付け、カウンタートップの下からもパッキングで挟み込むように止めねじで締め上げることにします。

 RIMG0647.JPG

 立水栓レンチの先の広い部分で立水栓の止めねじで締め上げる。
 今までの苦労がなんだったんだろう、すいすい作業がすすみます。。

 RIMG0648.JPG

 同じ立水栓レンチの奥の狭い部分を使ってフレキ管の止めねじを締め上げる。
 1,700円の専用工具は良い働きしてくれます^^

RIMG0650.JPG

 吐水テスト    レバーを閉じると、混合水栓上部からの漏水自体が全くなってしまった? 

 結果オーライ?  

  なぜか漏水が元から直ってしまったみたいです^^

 
nice!(23)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブドウの泪 [ブドウ作りを楽しむ]

「ぶどうのなみだ」とは厳しい冬を乗り越えて春を迎えたブドウの木が雪解け水を吸い上げ小さな枝から落とすしずくのこと だって

 長かった冬眠からの目覚めのサインです。



RIMG0656.JPG

RIMG0655.JPG

RIMG0654.JPG

RIMG0652.JPG
硬く小さかったつぼみが急に精気を得て膨らんできました。


RIMG0651.JPG

RIMG0669.JPG

RIMG0667.JPG

RIMG0724.JPG

 数日語彙は、本格的に 発芽が始まりました。


 陽気に誘われ茶道会館のソメイヨシノの様子を見に行った。

 KKKK.png

 満開でなかったけど、いい感じで咲いていた。
 
 札幌にもようやく春が来ました^^




nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

COSMIO 一体型PCの分解 ( SSD交換と高速化) [マルチ・ディスプレイでFSX]

<< 一体型COSMIOのSSD交換 >>


我が家のPCはほぼ全部SSDに換装済みとなり、快適な操作環境になったのですが、ただ1台
一体型PCの COSMIO DX(Win10) はHDDのままで、当初からのモッサリ感が殊更際立つようになってしまった。

なぜ手付かずでいたかというと、一体型COSMIOのSSD交換のためには、PC本体を分解する必要があり、その分解作業がプロでも心が折れそうになるくらいめんどい作業になることで有名だったからです。(下記参照)

COSMIO 分解情報

COSMIO-DX HDD交換
http://dynabook.biz/reduce_pc/7008/
http://phdarin.blog.jp/archives/1066878724.html

U-TUBE COSMIO-DX 裏カバー取り外し動画
https://www.youtube.com/watch?v=q0N0F-npi7k

なるほど、これでは気が重いです。
下手すると、PC外装や爪部分を痛めてしまいそうです。

しかし、我が家のCOSMIOは、もともと4画面フライトシミュレーターのメイン機として設置したものなので、なんとかして高速化してシミュレーターとしての秘めたる空力反応を体験してみたい。

そこで、上記の解体情報を繰り返し何度も読んで、ツボを再確認したうえでチャレンジすることにします。



1.ディスククローン(SSD) の作成

RIMG0533.JPG

   解体前にAOMEI BACKUPPER(standard)を使ってCOSMIOのディスククローン(1TB SSD 2.5インチ) を作成する。(内臓HDDが1TBなので^^)


2.一体型COSMIOの解体

上記の解体情報を参考にさせていただき、自分なりの工夫を加えて説明していきます。 

RIMG0539.JPG

PC本体のシェルを分解する前に、立ったままの状態で裏側から、2箇所の部品を取り外してしまいます。(右手のモニターで解体情報を確認しながら作業することにします)

(1)PC裏面の右上にあるメモリーハッチを開けて、コネクターを抜く。

無題uuu.png

無題rrr.png

これで、背面のシェルを取り外しても、線が引きちぎられることがなくなりました。


(2)左下にあるCDドライブをピンで開けて蓋?の部分を外す。

RIMG0540.JPG

AAAAA.png

  矢印の部分に、蓋(カバー)の爪が挿入されて止っているので、

RIMG0544.JPG

  ピッタリのサイズのマイナスドライバーで
   爪を奥に押し込みながら少しずつ爪を抜いてカバー外す。

  これで、本体シェルの分離準備が整いました。



(3)PCシェルの分解

 この先は、画面を床のマットに伏せてシェルを分解していきます。

RIMG0551.JPG 
RIMG0552.JPG

 根元のビスを抜き脚部を外す

RIMG0553.JPG

 枠の左右と上端の合わせ目に、時計裏蓋用のステン薄板を差し込んで隙間を広げていく
  ある程度隙間が広がったら、車の内張りはがしが役に立つ。
  欲張らないで少しづつパリパリと剝がしていく。
  ここまでは順調!

RIMG0554.JPG

 下部の結合は強力ですが、力技は控え、車の内装はがしをレバーにして根気よく、少しずつ隙間を広げていくとあまり冒険せずとも分離できました。 
  
 下部の爪(合計6箇所)の形と構造がわかったので、今後の開閉を容易にするため、メス穴の周囲を少し削って雄爪にアクセスしやすいように加工しておく。(爪の位置が背面から分かる程度)

RIMG0562.JPG



3.HDDをSSDに交換する

RIMG0563.JPG
 この下にHDDがある 

(1)HDDを取り外す

RIMG0566.JPG

 大きな3.5インチHDDが入っていたので少々がっかり(用意のSSDが2.5インチなので)

(2)アダプターを使って2.5インチSSDを取り付ける。

RIMG0567.JPG

ところが
PC本体側の受けねじの位置が段違いのため、アダプターは2か所のねじで吊り下げられる形になる。
SSDなので、回転したり、振動するわけでないし、これでもいいかっ^^

RIMG0571.JPG

 固定したアダプターが、スタンド脚取り付け用のねじ穴を覆ってしまっていることが後から分かり、アダプターの左上部を切り欠き改造して取り付け直した(写真撮影失念)

シェルを合体する前に、冷却ファンのフィンのごみを綺麗に清掃してやります。

 
4.シェルを合体して起動する

 逆の手順で、COSMIOのシェルを合体します。
 爪の数の多さに、組み立て困難を心配していたが
 まるで洋服のホックをかけるようにパチパチと楽に組み立て完了
 SSDの新クローンも無事に起動しました。


 
<< WIN10を高速化する >>

無事SSDに換装したものの、期待していたほど起動時間が短縮していない。
他のSSD換装PCと比べても、明らかに遅い!

これは、COSMIOを WIN10にバージョンアップする過程で余計な荷物を背負いこませているに相違ありません。

費用ゼロ! Windows 10の動作を高速化する方法
https://mypage.otsuka-shokai.co.jp/contents/business-oyakudachi/pc-techo/2020/05.html

これを参考にさせてもらいCSMIO WIN10の高速化を見直します。


1.バックグラウンドで動いているプログラムを無効にする。

 「スタート」→ 「設定」→「プライバシー」→「バックグランドアプリ」
  グランドアプリの一覧が出てくるので不要のものに「オフ」チェックを入れる。
  全部で35もあった。
  どれも使っていないものばかりなので全部「オフ」にする。
  元に戻したければオフのチェックを外してやればよいだけです。
  (*その後特に支障なく使っています)
    
   
2.使っていないクラウドサービスをオフにする

  ONE DRIVE を休止する
 なぜか、このソフトが毎回うるさく入力を求めてきて、そのたび消していたがこれを休止することにします。

 「タスクバー内のONE DRIVE アイコンをクリックして「設定」画面を表示して
 ロ 「Windouwsにサインインした時にOneDriveを自動的に開始する」のチェックを外す!


3.不要なソフトを削除する

(1)SKYPE削除

 なぜか、プログラム一覧にはSKYPEが無くて、削除できない。
 そこで、
 「スタート」→「設定」→「アプリと機能」→「SKYPEのアイコンをクリック」→
  →「アンインストール」の手順でアンインストールした。

 
(2)SKYPE BUSINESSの起動停止

 上記〔1〕の方法でも SKYPE BUSINESS は削除できない。!
 SKYPE BUSINESSはMS Officeの中に組み込まれているのでMSOFFICEを丸ごと削除しなければ
 SKYPE BUSINESSだけを削除できないらしい。
 それでや無負えず、自動起動を停止する方法を取ることにします。

 「スタート」からSKYPE BUSINESSのアイコンを見つけてクリックして実行させる。
  サインイン要求のポップアップ画面が出てくるので右上の歯車型のアイコンをクリックする・
  左側の欄は「個人」を選び
  ロ 「Windowsにログオンする時に、自動的にアプリを起動する」
  ロ 「フォアグランドでアプリを起動する」
   上記チェックマークを外して「OK]をクリックする。
  これでSKYPE BUSINESSは起動停止になる。
  
 上記の施策により、OSUMIOは 劇的に変身しました。

 起動も、シャットダウンも、考え込むことが無くなり、キビキビ,サクサク動作するようになりました。

 今まで、4画面フライトシミュレーターで不満だった空力反応のリアルな再現性をいよいよ実感できるかもしれません。

 とても楽しみです。

 結果は追って報告します^^
  

 
  



nice!(25)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -